国 際共産党
私達の党を区別するもの
 序文
  

序 文

次で少数のページは国際的 な共産党の凝 縮させた位置である。 英語を話す国でそれはであるニュース器官である 「Communist Left」

作成がの何も天才しないよりもむしろ党 のプログラムそして原則は歴史的進化の結果である。それらは一つの鋼鉄ブロックに歴史によって造られた血および乱流の苦闘だった。 この苦闘は19世紀の新しいクラス、プロレタリア階級 をもたらした。

労働階級は党によってだけそのようにあ る; それなしでプロレタリア階級は統計的な 感覚のだけクラスである。

そのような党の存在はすばらしいリー ダーの意志に、過激派の生成に左右され断固として守り、鋭く基本的な特徴を観察し、そしてすべての実用的な結果のプログラムを実施する。その 間、党の強さは社会的な拮抗の開発によって決まる。

その間、党の強さは社会的な拮抗の開発 によって決まる。 従って、歴史のある特定の期間にそれは少数の断固な過激派に減る。 他の期間でそれは首都の政体に対して最終的な衝突の結果を定めることができる社会的勢力に育ち、なる。

党が1917-1926年間の期間の間にそれとして戦いの固まりの頭部にそれ自身を持っていた置くことがこれらの理由により除 外される。 それは他の左翼の政治団体との戦術的な手段、外交装置、ごたまぜ連合、または以前使用したクラスおよび党の複雑な織り交ぜられた関係の分野の 予言者の重大さの革新の平均を除いた。

党が無分別で形式的な訓練の公式の配置 によって会員を高めることができることがまた除外される。 私達の構成の州および社会からの中心で同様に禁止される民主的な練習の復帰の同等はだれであるか。このような小さい口実はクラス器官として会 員反乱がもし、党を殺す。

それらは党の仕事そして性質を歪めるこ とによっていわゆる進歩をもたらすリーダーおよび彼らの成り上がり者のあこがれを裏切る低いトリックである。 それは本当党が制限される専有物によってゲットーを脱出する空頼みを世紀のための世界を掃除した反革命の圧力与え。

そのような操縦の無用の最もよい証拠は 歴史的経験から来る。 社会階級間の力の関係がまったく変わらなかったが、行為の方向の連続的な変更で起因する左翼の政治のさまざまな色相は党が状況にそれ自身を合 わせなければならないことをどこでも説教する。

党が小さい今日であり、プロレタリア階 級の固まりの影響が事実上非存在なら、理由は階級闘争の歴史的でき事で好きであることである。 私達は結論を出すには十分に勇気がなければマルクス主義が不変保たれなければならないことをマルクス主義が放棄されるべきであるそれとことそ して党、またはならない。 後理論のレベルのこのレッスンを予想して、左はまたこの実利主義および歴史的証明から別の基本的なレッスン引いた: 加えることを何も変わることを何も。 私達を私達の場所に残ることを許可しなさい!

このパンフレットは国際的な共産党のテ キストであり、他のすべてのテキストのように残っているイタリア人の従来の位置を確認し、繰り返し主張する。 形式的な組織の有機性および歴史的選択の依存したでき事の外で既存。 主義および実践のこの単一ボディは英語をである、イタリア語の「Communista」、スペイン語のであ る「El Partido Communista」押す1つ の構成だけによって今日全額守られる。

社会的な苦闘の削および急進化に続くと 私達が革命的なクラスの動きの復活が期待すること米国再度許可しなさい。 これは資本家制度内の矛盾の加速の結果として起こる。 党はこれらの開発の横で育つ。 そしてそれに加わる各々のプロレタリア階級の苦闘と偽の労働者党の反逆的な便宜主義に対して、国家主義および愛国心が強い労働組合主義と資本 家の州および中産階級の政治の最前線に対してそれらを同時に指示する方法を学ぶ。

この苦闘で左はだけ、知っているによっ て、ない自身の選択単独で残るが、のでこれがプロレタリア階級の過去敗北から得られる肥沃なレッスンであることを。 これで役割ががプロレタリア階級とプチブルジョア階級の興味および労働貴族表されるマルクス主義および回転で、実際促されることをふりをする 位置および組織によって担われた反革命主義者每著名のaを 敗北させる。 行為は敵へ最初にプロレタリア階級の前部を妨げ、分かれ、そして最終的に断念することのそれいままで常にだった。

それは無慈悲に彼らの行為および主義を 粉砕した歴史がので私達がすべての近代の組合幹部、無政府主義者および「左翼」との記述を解決するかまたはむしろので時間である。

* * *

私達はプロレタリア階級の青年に、独特 の勇気と、拒絶および精神のそれが、社会改良主義および漸進主義 の民主主義そして国民の団結の偽の神話の現代社会のつかみどころがない誘惑の背部を永久に回すように、苦闘のプログラムを、匿名および客観的 な革命的な共産主義の前部の戦闘の、包含するためにこのショート テキストをとりわけ捧げる。

それのために勝利に共産主義を持って来 る私達の青年までありなさい。

 

 

 

  


党 のプログラ ム


国際的な共産党は党のセクションである イタリアの共産党の基礎の1921年 にレグホーンに確立される次の主義に基づいて構成される。

1. 首 都の現在の社会的な政体の下で、生産的な力間の関係および 生産の関係はで対立の常に増加する率を開発する。 これはプロレタリア階級の相反する興味と支配するブルジョア階級間の苦闘で起因する。

2. 生 産の関係は中産階級の州の力によって今日保護される: 代 表的な制度の形態および選挙の民主的の雇用が、中産階級の 州器官に資本家のクラスの興味の防衛のための残るものは何でも。

3. プ ロレタリア階級はこわさないし、変更しない巧績激しくブル ジョワ階級の力を打ち倒さないでそれ生産の資本家の関係の制度をできない。

4. プ ロレタリア階級の革命闘争の不可欠な器官はクラス党であ る。 共産党はプロレタリア階級の最先端および断固な部分を含んでいる。 それは労働階級の努力を統一し、プロレタリア階級の革命的な解放のための一般的な苦闘に特別な関心のための苦闘および即時の利益を変形さ せる。 党は動きの歴史的継続そして国際的な単一性の保障によって苦闘の弾道によって人々間の革命的な理論を広めること、なぜなら行為の物質的な 平均を組織すると労働階級を導くために責任がある。

5. 資 本家力を打ち倒した後、プロレタリア階級は完全にそれ自身 を支配的なクラスとして組織し、自身の独裁制を取付けるために古い国家機構を破壊しなければならない: すなわち、それはその中の中産階級のクラスそして個人に社会 的に存続する否定し、単独で作成のクラスの新しい政体の器官を見つける限りすべての権利をのための。 プログラムの顕著な特徴としてそれ自身をこの基本的な目標置く共産党は、同時にプロレタリア独裁を代表し、組織し、そして指示する。

6. 力 によってだけプロレタリア階級の州は組織的に社会経済に介 入でき生産および配分の集合的な管理が資本家システムの場所を取るそれらの手段を採用する。
従っ て経済のこの変形は社会生活の全体次第に政治州のための 必要を除去し。 州の機械類は人的活動の理性的な管理に枯れる。

* * *

第二次世界大戦の影響で資本家世界そし て労働者運動に関して、党の位置は次のポイントに基づいている:

7. 20世 紀な資本主義経済の前半の間に 雇用者の中の独占的な信頼の導入を見た。 試みは中心にされた計画によって生産の全セクターの州管理まで生産および交換を、制御し、管理する試みられた。 政治分野では、州の警察そして戦闘部隊の強さと政府の全体主義に増加がずっとある。 後者のどれも資本主義と社会主義間の過渡的な性質の社会組織の新型ではないし、どちらも復興させた前ブルジョアの政治体制の形態をではな い。 それらは代りに力のますます直接および排他的な管理および首都の最先端の力による州の特定の形態である。

8. このプロセスは中産階級の政体の コースの太平洋、進歩的なおよび発展の解釈を除外し、反対側で力を集中し、整列させるクラスについての私達の予測を確認する。 再燃させた革命的なエネルギーに敵の強さをマッチさせるプロレタリア階級のために要求としてまたは民主的な自由主義への撹拌、つかみどこ ろがないリターンおよび憲法による保障の手段として、拒絶しなければならない; クラスの人民革命党はブルジョアおよび中産階級党が付いてい ると改革主義プログラムを採用した疑似労働者の党が付いている移り変わる問題のための同盟、の練習をきっぱりと清算することの歴史的なス テップを踏まなければならない。

9. 帝 国主義戦争は資本家の崩壊の危機が断固として拡張がもはや 生産的な力の絶え間ない成長を示さない、むしろ蓄積および破壊ことをの交替を段階開始することによって避けられないことを示した。 これらの戦争はそれらをずっと戦争前部の1つ または他で並べるために得ることによってそれらに軍および国民の団結を課すことをどうにかして支配的なクラスが労働者の国際機構の一 連の 深遠な危機の原因、である。 提起することができるこの状態に国家内の階級闘争の再燃、すべての国際的な連合と共に中産階級の州の力を、どこでも打ち倒すために働く固 まりの内戦をもたらすたった1つ の歴史的に実行可能な代案がある。 これのための不可欠な状態はあらゆる存在政治の自治力の独立者として国際的な共産党の再構成にか軍事力ある。

10. 2つの社会システム間の移行期間の 苦闘の手段そして腕である限りにおいて、プロレタリア階級の州の器具はすべてのクラスを表すことを向けるスキーマかある体質性の規範から 組織の強さを得ない。 プロレタリア階級の状態の最も完全な歴史的例は1917年 の10月 の回転の間に今日に至るまで、そして外国の中産階級の政府によって攻撃を撃退するために苦闘が達成されたときに武装させたりそして中 流階 級および便宜主義者党–決定的な時の反革命の避けられない同盟国の征服されたクラスの内部暴動を、起こったときに、そして憲法制定会議 が、分散した力の征服が全体主義の平均によって押すときに労働階級がボルシェビキ党の指揮を受けてそれ自身を、ソビエト(労働者の議 会) である。

11. 社会主義の完全な業積は単独で1ヶ国のボーダーの内で思いもよらなく、社会主義変形は失敗および瞬時の後退なしでもたらすこ とが できない。 退化の常に存在する危険に対するプロレタリア階級の政体の防衛はプロレタリア階級の州のランニングが自身のブルジョア階級、州および軍の 器具に対する各国の労働階級の国際的な苦闘と絶えず調整されるときだけ保障することができる; 戦時のこの苦闘である場合もない。 必要な調整は世界の共産党が労働階級が力を達成した州の政治そしてプログラムを制御するときだけ保障することができる。

 

 

 

 


偉大なマルク ス主義の伝統 の擁護

 

上で輪郭を描かれるこのプ ログラムに基づいて国際的な共産党はマルクス主義の基本的な教義上の原則を完全に開拓する: 世界と人類の歴史の組織的概念として弁証法的唯物論; 資本主義経済を解釈する方法としてマルクスの首都に含 まれている基本的な経済的な主義; そ して世界の労働階級の解放のための歴史的および政治 計画として共産主義の声明の要網的な公式。 私達はまたロシア革命の勝利から起こる主義および方法の全体のシステムを、開拓する即ち: 共産主義インターナショナルの第2議会のレーニンの理論的で、実用的な仕事および力および内戦の取得の重大な年の間のボル シェビキ党、および古典的な説。 これらは名称「一国社会主義論」の下でおよそ1926-27を起こした悲劇的な修正論者の波のレッスンによってさらにもっと顕著な救助に今日持って来 られる前述の主義の確認、復帰およびそれに続く開発を表す。

しかしそれは10月1917日 の革命的な炎の後でロシアにそびえている客観的な社会的勢力の圧力にそれを帰することを代りに好むスターリンの名前にその大会の問題としてだ けである私達つなぐこの災害を世界的に広がらなかった。 それが敗北を防ぐことはなくてこの圧力に抵抗するには要網的で、戦術的な障壁が必要だったことを見られたそれは国際的な共産主義の動きのより 少なく困難、苦しむようにまだ再生をするかもしれない障壁余りに遅くあった。

次に付着の泥沼に沈んだ反 革命主義者の波のこれは最も遅く(無政府主義者の偏差)日和見的な病気最初のインターナショナルの短い存在を悩ました、よりはるかに致命的、 第2イ ンターナショナルによって細工した連合神聖と1914人 の帝国主義者戦争(漸進主義、議会主義、民主主義)への損傷よりはるかに深刻時それである。 今日労働者運動の状態は最初の世界大戦の発生で第2イ ンターナショナルのめまいがするような崩壊の後でより悪い千倍現われる。

1919年に設立された第3回国際大会は、マルクス主義教義の基点を、第二の民主主義的、漸進的、議会的、平和主義的 な錯覚との決定的な崩壊をもたらしたプログラムで再建した(戦争中の最も卑劣な狂信者と暖冬によって混乱した )。 第3回 国際大会は、レーニン、トロツキー、ボルシェビキ監督の歴史的な貢献であったが、創設当初から、ある意味では不安定な地位にあり、急いで それは共産主義政党を形成しようとしていました。そして、それは「大衆を征服する」ために採用された過度に柔軟な戦術のためです。

しかし、少なくとも赤い10月のクリエイターに関する限り、このアプローチとこれらの戦術は意味を持たず、暴力征服の 基本原則の放棄、ブルジョワ議会と民主主義国家装備、あるいは当事者が指揮するプロレタリア独裁の設置。実際、第三国際の戦術の適用は、望ん でいたように革命が世界の他国に急速に広がった場合、それほど大きな害をもたらさなかったかもしれない。しかし、左翼が1920年以降の第2回 議会から警告を出すようになったとき、革命波が沈静化すれば、非常に否定的な結果になるリスクがあった。これは、新しいインターナショナルを 守っている当事者の集まりが、最もランダムな方法で集められ、革命的な波が後退した直後に社会的民主的再発の可能性に十分に予防接種されな かったために、非常に不安定であった。残念なことに、まさにそのようなことが起こりました。表面に持ち込むことは、人々だけでなく、最近の過 去のがん病でした。

左派は、1920年から1926年 の間に、インターナショナルのすべてのセクションで採択されるべき単一のプラットフォームと戦術的計画を確立する必要性を主張し、民主主義が 確立された西洋の "革 命的議会主義"百 年以上。さらに重要なことは、「統一された政治的前線」の戦術、そしていわゆる「労働者(労働者 - 農民)政府」の戦術に反対することである。なぜなら、 これらの公式が、 "プ ロレタリア独裁"。 それは、地方共産党から独立した組織のインターナショナルへの直接的な接着を許し、共産党を受け入れるという政策を唱えた。それは、偽の労働 者党、特にブルジョワ政党(国民党など)の侵入を拒否した。同様に、それは疑わしい親族の当事者や、表面的には「似ている」ポジションに偶発 的に揃っているもので、さらに悪い「ブロック」を却下しました。

左派は、1920年から1926年 の間に、インターナショナルのすべてのセクションで採択されるべき単一のプラットフォームと戦術的計画を確立する必要性を主張し、民主主義が 確立された西洋の "革 命的議会主義"百 年以上。さらに重要なことは、「統一された政治的前線」の戦術、そしていわゆる「労働者(労働者 - 農民)政府」の戦術に反対することである。なぜなら、 これらの公式が、 "プ ロレタリア独裁"。 それは、地方共産党から独立した組織のインターナショナルへの直接的な接着を許し、共産党を受け入れるという政策を唱えた。それは、偽の労働 者党、特にブルジョワ政党(国民党など)の侵入を拒否した。同様に、それは疑わしい親族の当事者や、表面的には「似ている」ポジションに偶発 的に揃っているもので、さらに悪い「ブロック」を却下しました。

左派を刺激し、これらの立 場に立つ基準は、共産党の強化は戦術的な操縦や主観的なボランタリズムの展示によるものではなく、革命家からの遊びの客観的な事実に依存して いた 連続的かつ線形的なプロセスの規範に従う理由はない。 権力の奪取は近いか遠いかもしれないが、どちらの場合も、かつてはそれを準備して(それにプロレタリア階級の大部分を準備する)ということ は、共産主義者 第二次世界大会で起きたことに類似した機会主義、すなわち手段と目的、戦術と原則との不可分の絆の断絶、そして必然的に政治における選挙と民 主主義への主導的な究極の目標への再発 社会分野における改革へ

1926年以降、紛争は政治面に直接移り、国際と左派の分裂で終わるだろう。 この表の2つ の質問は、「一国の社会主義」と、まもなく「反ファシズム」だった。 「一つの国の社会主義」は、実際レーニン主義の二重否定である。第一に、それはレニンが「小ブルジョアと中世のロシアにおけるヨーロッパ的資 本主義的発展」と明確に定義した社会主義として詐欺的に脱却し、 ロシア革命の運命は世界のプロレタリア革命のそれからである。 それは反革命の教義です。 ソ連の内部では、トロキーキーから始まるマルクス主義者と国際主義者のガードに対する抑圧を正当化するために使用されるだろうが、国境の外側 では、左派の流れが中央民主主義によって破砕され、社会民主主義の影響をうけていることが多い。 "ブ ルジョアジーへの総提出"(ト ロツキー)。

世界的な共産主義闘争の枢 機卿のプログラム上のポイントを放棄した主な表明は、ファシズムに対する民主主義の防衛のための権力の革命的征服の言葉の代用であった。あた かも両政権が新しいプロレタリア革命波の危機に直面したときに資本主義体制を守るという共通の目的に常に応えないかのように、階級闘争のダイ ナミクスの緊急の要求に応じて国家の支配下で交代するかのように。この現象は、ドイツの砦がヒトラーの勝利で1933年に落ちた後で、第3国際だけでなく、「段階」または「段階」として民主主義を話したとしてもそれにもかかわら ず、革命的なプロレタリア階級の完全な要求が行動する前に横断されなければならなかったのは、ファスミズムに対してスターリン主義者としての 民主主義防衛のまさに同じ言葉を使用していた。どちらの場合も、それは他のすべての社会的地層とは反対の目的を持つ政治的に異なる力として労 働階級の破壊をもたらした。各国の労働者はまず民主主義機関の防衛のために動員され、その後「祖国」を守り、狂信的な憎しみの再生と激怒を促 した。結局、共産主義国際も正式に解散し、一時的に全滅させようとしています。

1939-45年の帝国主義戦争の血まみれのワゴンに労働者階級が突き当たったため、国際共産主義と国際 主義共産主義の細かい勢力は、生存していればどこにいても状況に影響を与えることができなかった。 1914年 に初めて登場し、1917年 のロシア革命を模範とした「帝国主義戦争の内戦への転換」は、今やろう者の耳に落ちた。戦後期には、ロシアの銃剣の先端で革命的な共産主義が 拡大するという「ナイーブな」望みは達成されなかっただけでなく、第二インターナショナルの最高権威よりもさらに新政府主義が悪化した。国家 経済(復興貸付、「より高い利益」という名称の緊縮措置の受諾)を救う国家権威(党派単位でのプロレタリアの武装解除)を支持する再建、国家 の、等、など)。その後、「人気のある民主主義」では、ソビエト(ベルリン、ポズナン、ブダペスト)として譲渡される秩序の再確立が支持され るだろう

しかし、国家の支配下での オープンな協力関係がもはや要求されなくなると、クレムリンに所属する「共産主義者」の当事者は、戦争の同盟国によってそこで駆動され、単に 議会の「野党」の縁に押し込まれ、ますます激化する警察国家とファシズムの世界で、しかし、レーニンのビア・マエストラを再発見することから (彼らが​​望んだとは思っていたにせよ、何もできなかったこと)、彼らは完全な修正主義の淵に深く浸透し、近年、逆に、ブルジョワジーの攻 撃に対して擁護されていたブルジョア議会主義への終結である、資本主義への終結を奨励していない。 "輝 かしい"過 去。結局、「社会主義」キャンプと「資本主義」キャンプの間の闘争の偽装さえ、スターリン主義が階級闘争を減らした控えめなレベルは、「共存 と平和な競争」の旗台のための場所を作るために落とされた。国際的規模で

最後に、もはやその言葉を 「共産主義者」と呼ぶことができなくなりました。 これらの当事者は彼らの名前を変更した。

「共存」と経済的対立の結 果は、スターリン主義の完全な清算にすぎない。 したがって、当事者にとっては、東方圏諸国のスターリン主義の完全な廃止は驚くことではない。 確かに、我々は経済的レベルで世界市場からの乖離を克服するために必然的かつ決定的なステップとしてそれを予見していた。 後の国々で必要な自治権を超えて、旧来の資本主義権力の産業生産と競争できる点まで、国家資本主義産業を発展させること。

ロシアは現在、「社会主 義」であることを偽っておらず、すべての生産者がプロレタリア階級化し、真の資本主義民主主義のすべての経済的、政治的、社会的、道徳的な不 満をもって完全資本主義国になっている。 共産主義のスターリン主義者の裏切りとそれに続く腐敗した西側の資本主義との協力は、世界を驚異的な寒さから寒さに変えた1917年の共産主義革命を縮小させた。 それと同時に、それは、火と剣とそれに伴う必然的なすべての残虐行為 - 原始的な資本主義の蓄積 - を実行することによって、半封建的慣性からロシアを 奪った。 社会主義としての外向的な資本主義を隠すためのロシアの試みは失敗した。 共産主義の敗北の証拠ではない、国のあらゆる場所での後者の生産形態の支配は、これとは逆に、将来の勝利のための最良の条件である。

しかし、深淵の深みから、 将来のプロレタリアンの復活を見越して、「世界の労働者 - 団 結者! 「プロレタリア階級の独裁」! それが私たちの呼びかけです。



 

 


革命的マルク ス理論の修復 のために

"カ タストロフィズム" に 戻る

歴史的および社会改革の一 般的な主義の点では、古い共産主義の動きによっては今マルクスの「破局的な」視野を拒絶するほどまでにが退化してしまった: 武力紛争への州間の反対されなかったクラスの興味、衝 突–激しい苦闘に… –彼らは言う導く。 基本的には、それらは「民主的な計画」、「構造改革」、および「独占に対する苦闘」に基づいている「新しい民主主義」の保守的で、反動的な合 い言葉によって保証された社会的な平和と共に国際的な平和、洗礼を施された平和共存の見通しを、予約購読した。 実際には、スターリン主義のおよび特に後スターリン主義の「共産主義」は貿易の成長の称賛の資本主義のための生産および生産性の成長の称賛の 進歩のためのちょうど正当化、および正当化だった。

「今日平和共存」は新しい 解決を追求されている次の世界の対立の点から見て捜す流動国際情勢にくずれたが、便宜主義者、疑似労働者党はそして自称の「右翼」党からの形 式的な感覚でもはや区別可能、ではない。

位置のこの万華鏡への反対 では、マルクス主義の位置は変わらない: 資 本主義の下で、生産の成長および生産性は首都、未払 いである余剰価値の仕事の一部分で測定される成長によって労働の開発を高めることを含む。 労働者の消費、労働階級が個人両方でもたらす、および社会的な形態(病気および老年の、家族の立法、等に対する保険)は資本増加にまた、およ び彼らの生活状態なる市場経済の浮き沈みがさらにもっと不確かな原因に、同時に生産者の隷属状態増加するかもしれないが「準備金」。 より少しを得るクラスの拮抗よりもむしろ最高の範囲に、実際、押される。

貿易の延長は先進国間の自 然な競争の増加する悪化と低開発の国上の先進国の支配権の延長を、示す。 ますます世界経済無意識の征服、–本物一緒に引くこと–の網で異なった人々および異なった大陸をによって国際的な商業は、弁証的に、無視する ことをapologisersが 裝っている「否定的な」面を示す: す なわち、従ってそれはコマーシャルおよび昨日として 唯一の結果がある場合もある財政および産業危機のために地面を今日、帝国主義戦争準備する。 さらに、生産的な力の増加する部分は主関数が実際に軍隊より経済的(生産過剰の吸収によって集まる)である有害な武器の生産の「相互に有利 で」、「正直な貿易」(そう東および西の便宜主義者の中心に貴重な)人間性の」贈与し、しかし「財貨サービス」の作成でこの頃は鋭敏なら全体 的に見ると「、無駄になりちょうど。

資本主義は首都の無限の再 生である; 資 本家の生産の目的重要自体はである。 あらゆる自然な限界を越える商品の生産の増加は、猛烈な速度で、人類のためのよりよい福祉、全体の惑星上の社会生活を破壊する生産過剰の幾分 一連の破局的な危機を発生させないが。 そのような危機の–中産階級の理論家によって十年、および確実なマルクス主義によって信じられた不可避のために否定される–労働階級は最初の 犠牲者、軸受け失業の重量、賃金の減少、および労働量の増大である。

資本主義のために戦争は定 期刊行の生産過剰の危機の必要な結果である。 従って資本家戦争は不可避である。 現代世界戦争によって誘発される巨大な破壊だけ資本主義が復元蓄積の非道周期をあらためて始めるようにする。 私達の時代の帝国主義の世界大戦はさまざまな資本主義によって彼ら自身の中の大陸の上で分かれるために– 「人道主義者」の後ろに必ず隠されて、「民主的」、「平和主義的」、「守勢」、「反テロリストの」スクリーンが排出された市場を分配するよう に–ひどく必要とされる。 従ってそれらは資本主義の保存のための戦争である; それらがそれを用いる生産のシステムの減らされた容量 を超過する労働力の一部分の除去を、危機の間に、提供する限りにおいて経済的な平面の両方および。 実際、それらは首都が支えることできるその時にではない奴隷の広大な虐殺である。 それは戦争であるまたは回転は、そこに代替ルートではない。

戦争の方の革命的な共産主 義の態度は悲劇的な錯覚として資本主義と互換性がある平和の考えを公然と非難し首都で創設された非常に再発悲劇から生産の関係の中産階級の力 の打ち倒すことおよび破壊だけ人類を解放すること断言することである。 マルクスおよびレーニンのラインで党は前部および後部で革命的な敗北主義の前部で親交のクラスの反軍事主義の作戦を、宣言する; クラスかの間で戦争に州間の戦争を回すどの目標。

戦争を非難しているが現在 の体制の範囲内ではあるが、共産主義は、戦争と革命の間で選択を強いられるときはいつでも彼らが常に選択することを期待している。 前者のために。 レーニンと共に我々はそれらを混乱の要因と見なし、プロレタリアの健全な戦い志向に有害であり、そして労働者を戦争に引き込むために使用され た軍国主義の補助的な道具と見なしている。 実際のところ、帝国主義者の戦争が常にそして常に起こすのは、市民に対するこれらの残虐行為の「侵略者」のせいで、ブルジョア諸国に行き、彼 らにそれをやめさせるよう求めるのは平和主義者です とにかく "そ して"誰 がプロレタリアン達に "平 和"、 "民 主主義"、 "文 明"な どの理想の名のもとに互いに虐殺するように頼む。

後スターリン主義のさらに 古典的に改革主義の議論を取扱うとき、革命的なマルクス主義の位置は社会民主主義の最盛期にもどって来たように残る: 現代資本主義は「計画の欠乏」によって全く(エンゲル スは既にそれを見てしまった!) 特徴付けられなく、いずれにしても社会主義を特徴付けるためにどんな種類が、ほぼ十分ではない「計画」単独で、の。 推定上ロシアの社会を区別した資本家の社会的な人格の消失は(多かれ少なかれ場合によっては調整しなさい)資本主義自体が(廃止されたおよび マルクス既に見てしまったそれを!) であることを示して十分。 資本主義は賃金労働者の位置に現代労働者の減少以外、結局、何もない; そして賃金労働者を見つけるところで資本主義を見つけ る。

ロシアおよび中国タイプの 「共産主義」を(古典的な社会改良主義より悪い)区別する旧式の社会民主的なタイプの社会改良主義との資本主義の正当化の組合せは自体ある特 定の労働者の層でかき混ぜた反乱を殺菌する敗北主義にそれがプロレタリア階級の革命的な強さの崩壊の心理的な、イデオロギーの反射である限り において、つながる。 この新しく、より危ない社会改良主義は、労働階級が境界現在のそれ高められた競争を克服できることの否定の初めに、成っている; それは必要性の独裁制に対して反逆できること作成した 資本家の繁栄によって; そ れはクレチン化から脱出できること、「文化」の余暇 の、発生した福祉の中産階級の構成によって; それは自身の人民革命党を形作ることができること。 第2場 所では、それは支配階級によって所有されている新しい武器がどうかしてそれらを前より無敵したこと、明確、または暗示的に意味する。 その間私達は資本主義の力がただ歴史の移り変わる段階であること確信する; そして従って全能の資本主義の前にあらゆる革命的な希 望の退位にほとんど等しいこれらの位置はすべて私達によって拒絶される。

私達が政治および社会的な 反作用(すなわち、「通常の」銃と大砲の時代に、エンゲルスによって既に撃退された、敵の軍事力に対する迷信尊重。 フィリンティーンは、レーニンとすべての革命的過激派によって既に闘われた、労働者の「鈍感」、「無知」、および「理想主義の欠如」を軽蔑 し、軽蔑する); し かし各年齢はそれらを信じるための自身の押す理由を 作成する(「消費組合」のマーカシア人、治らないままで買収力のように原子および水素爆弾または、!)。

この道徳的な強迫の中央器 械は現在の社会は「小悪」であることを執拗に繰り返す今日の強力なマス メディアである。

マルクス主義者の位置は、 同様にこれらの問題のと、変わらない: 分 かれる同時にプロレタリア階級を集中し、組織し、– ついに集中は部分上の優勢である。 プロレタリア階級を買収し、弱めるそれにもかかわらずそれを好むかどうか、それ自身にもかかわらず、革命的な教育を提供する–およびついにそ のような教育は堕落の優勢である。 実際に、「喜び工業」のすべての洗練されたプロダクトは現代薬のすべての鎮静剤が彼自身の資本家の人の調和した関係への回復に関しては全くあ る、そして「現代生活」他であるようになだめるために(田園か都市かどうか)均等に無力の増加するけん怠感を社会生活の–資本家の人生の破壊 する。 それにもかかわらず、これらの種類の堕落のより大いに多くは昨日として仕事日の長さによって生産者を押しつぶすことに、首都の強さ、今日、週 労働時間、働き年、ワーキング・ライフ存在する。 歴史的にこの長さを限らなければしかし首都は状況の力によって、ならない; それは後方の連続的なステップと、しぶしぶと、そう ゆっくりが、そうすることを避けることができないしマルクスおよびエンゲルスが見たように、これの効果は必ずしも特にそれを考慮している革命 家、(呆然とすると同時に)未来の「墓掘り作業者」に指示する同時に強いられるである。 未来の2つ の主要な展望がある: 1)もう1929タイプ危機今日の「ブルジョワ化労働者」を拡張および「繁栄」の長い歴史的段階はにプロレ タリア階級の状態(私達のために本当らしいの)、および2) 取り出し、減らす; 今 までのところではプロレタリア階級、限定的な歴史的 非難、社会学的に断固としたな「無力」推論するべき敗北主義の開いた従業者(ようにそれぞれの方法で毛沢東主義者である他の社会的な層のそ の、必要および社会学的な部門(小作人、学生等)の現在の無秩序から、からの党そして社会改革の前衛として場所を取るためにクラス インターナショナルを、および、再建する、キャストリスト、ゲバリスト等、)でなければならない。

さらにもっと不合理この確 信はである: 資 本主義の開発自体が賃金獲得のクラスに与えるより大 きい社会的な力のためにそれは、後者できなくおよびあらゆる歴史的社会改革の前の義務を達成することないですされる: 軍の潜在性の全体主義の割り当てによるクラスの敵の武 装解除。

革命的な「全体主義」 への リターン

社会的な、政治平面で、古 い共産主義の動きの革命的な主義上の民主主義の最終的な勝利はプロレタリア階級とすべての社会的な層の仕事が首都によって圧迫したように「全 体主義への抵抗」が示されるとき達される。

最初歴史的明示が党影響さ れた反ファシズム(戦争および戦前の変化両方)すべてだったこの傾向はモスクワ(壊した中国のような物)に、つながり、1つの党の否定の上でプロレタリア独裁の必要な革命的なガイドそしてリーダーとして(無制限 の形式の起源のレニニストと共産主義者)終わった。 「いわゆる「社会主義キャンプ」の人民民主主義では」、力は普及した、国民の「前部」、明確に複数のクラスのブロックを具体化した「リーグ」 またはまたは党の手で置く。 その間、「中産階級のキャンプで」作動する「共産主義の」党は厳粛に革命的なクラスの暴力が力を達成する唯一の方法で、クラスの独裁制を維持 する唯一の方法が単独で共産党を通ってあるという事実を否定したこと主義を放棄した。 その代りそれらはそれらの「ダイアログ」の従事し、「社会主義」を約束することによって共同で管理されるかどれが「人々」を表す複数の党に よって他の党、社会主義者、カトリック教徒等を、おだてた。 プロレタリア革命のすべての敵によって暖かく(スターリン主義の「共産主義」は赤10月の栄光をそれらに思い出させる何でも拒絶する)であるだけでなく、敗北主義歓迎される が、それは錯覚であるこの傾向。

従ってちょうどプロレタリ ア階級が首都の独裁的な政体の下でそれ自身のためのあらゆる自由に要求を杭で囲わないし、「形式的な」か「本物の」民主主義の旗のまわりで再 び集めないので、確立で自身の独裁的な政体の首都につながる社会集団のすべての自由を抑制することを進めばこれはプログラムの重要部分であ る。 ブルジョア階級のために、政界の苦闘はクラスの間で「討論する自由で、等しい個人の間で」ようにない、起こるが; 苦闘は不治の否定で分けられる物理的な、社会的勢力の よりもむしろ意見の1つ である。 しかし、ブルジョアジーが民主主義の隠密の下で独裁を変容させている間、マニフェストの時以来、共産主義者たちは、「彼らの見解と目標を隠す ことを嫌う」と公然と宣言し、 元抑圧階級の全体主義的統治を、その当事者に包摂されているように、主流の階級を超えて同時に意味する。

反全共主義は、資本主義階 級と同じ社会的基盤(生産手段と製品そのものの私的歳出)に位置しているが、それにもかかわらず常にそれによって砕かれた階級の結婚である。 それは–都市および田園プチブルジョア階級および中流階級の個人および「直接民主主義」の主権の小さい生産の歴史的に非難された神話に、しが みつく必死の試みの…イデオロギー–現在の政治的舞台を荒し回す「学生」および「知識人」の多種多様な動きへの公有地である。 従ってそれは中産階級および反歴史的およびこうして二倍に反プロレタリア階級である。 大きい首都のハンマーの一撃の下の小さブルジョア階級の台なしは資本主義の唯一無二の実質の歴史的貢献をもたらすこと歴史的に避けられなく、 社会的な感覚で–資本家の方法で、残酷、長引く同時に–社会主義回転の方のステップ構成する: 生産の集中化、および生産的な活動の社会化。

プロレタリア階級のため に、生産のより少ない集中された形態へのリターンは(可能なあった)完全に社会的な生産および配分の達成の歴史的目標は別として回転しか意味 なできる。 それゆえに、それは、「大企業」(共に社会主義の敵対者でもない)に対する政治的なブルジョアジーの防衛も、政治における多元主義と「多中心 主義」の採用でもないと認識している。 社会的レベル。

従ってそれに接続されるロ シア革命の退化への誤った小さブルジョアの応答があるように、スローガン「小規模生産を弁護して独占に対する苦闘」は反動主義者である。 プロレタリア独裁を取付けたので私達のために、退化の原因はプロレタリア革命を広げ、拡張する失敗でありそれが反民主的だったので共産主義の 国際主義の放棄は、間プチブルジョア階級のための、回転初めから失敗だった。 中流階級のすべての均等に反動的な動きは見、仕事場で組織されるプロレタリア階級の有機体によって周辺「力」の小さい島の漸進的な征服から 成っているように革命的なプロセスを(それに非難されて); こ れは素晴らしい「直接民主主義」である(工場評議会 のグラマキスト理論とオルディノビスト理論のように)。 これらの理論が無視するものは政権の征服、資本家の州の破壊、および党のための必要性の中心問題である労働階級の中心になる器官として。 他のために、「社会主義自己管理された」ビジネス」はの「ネットワークであることを実現するために必要であるすべては、自身の計画とのそれぞ れ「決定によってで下方からの」着いた(自己管理のユーゴスラビア理論)。 従って小さブルジョアの理論家は完全に「マルクスが「政治経済労働のクラスの」であるために示したどれが唯一の、無秩序および予測不可能な結 合要素を見つける市場かの資本主義経済そして「盲目の規則」の基本的な生産的な細胞の超越によってだけ可能になる社会的な予知によって」調整 される社会的な生産の可能性を否定し。

経済のように政治の力の取 得が、革命的なプロレタリア階級し、反全体主義に譲歩をすることができない前後に; 理想主義的なそれおよび無政府主義者が付いている長い 論争のマルクスそしてエンゲルス著公然と非難されるユートピア的な反権威主義の新版レーニンが、国家および回転で漸進主義者および民主的な社 会改良主義と一点に集中させるために、示し。 但し、小さい生産者は最大の獰猛性と歴史中このクラスを扱った資本主義の下でそれらに与えられたそれより社会主義プロレタリア階級から非常に 別の処置を受け取る。 しかし小さい生産自体、および政治の、イデオロギーおよび宗教反射の方に、行為は無限により決定的、急流、つまり、全体主義である。 プロレタリア独裁は人間性を資本主義の下で「毎日のパン」を構成する暴力および悲惨さの無限量倹約する。 これそれはそれが歴史的代表団の達成を妨げるように努めるあらゆる社会集団に対して力、強迫および、必要ならば、最も決定された抑圧、大きく または小さい使用するために躊躇しないので正確にされる。

結論:社会主義の概念を自 由主義、民主主義、工場評議主義、地域主義、多元主義、あるいはそれ以上のものと組み合わせる者は、歴史の外に身を置いて、当事者と国際 全体主義的な共産主義的根拠に基づいている。

国際主義に戻 る

1848年の共産党宣言の登場以来、その意図は故意に国家仕様を省略しており、共産主義と社会の革 命的変革への闘いは、定義上、国際的で国際的なものである。 「少なくとも文明国での統一行動は、プロレタリア階級の解放の最初の条件の一つである」。

1864年の創立当初から、国際労働者協会はその「暫定規則」に、「その最大の目的を目指すすべて の努力」(「労働者階級の経済的解放」)の間で連帯の必要性から失敗したと記した。各国の多様な分業、そして異なる国の労働者階級間の友好的 な労働組合の結束の欠如から」、そしてそれは強制的に宣言した。「労働の解放は地方でも国民でもなく社会問題である。現代社会が存在するすべ ての国を受け入れ、その解決法は最先端の国の実際的かつ理論的な一致に依存する "と 語った。 1919年、 共産主義国際は、帝国主義の戦争を内戦に変えるために、世界規模の国際主義者左派の長い闘いから生まれました。最も民主的な共和国、最も独裁 的な帝国、あるいは憲法および議会制の君主制のいずれにおいても、直ちに第1回国際規約を独自のものとし、「国際的に新しい労働者を組織するために設立された」と宣言 した。資本主義を撤廃し、プロレタリア独裁政権と完全に階級を排除し社会主義、共産主義社会の第一段階をもたらすであろう国際ソビエト共和国 を設置するための異国の労働者間の行動共産党国際協会は、あらゆる国の労働者に、ある瞬間に他の国の組織化されたプロレタリアンから最大限の 助けを受ける機会を保証しなければならない "と 語った。

ファシズムに対する民主主 義のための闘争によってプロレタリア階級の独裁政権の置き換えとともに、この偉大な伝統の糸は、「ある国の社会主義」の理論と実践の組み合わ せによって戦争の間に壊れました。第一の政策は、ロシアにおける勝利革命の運命と世界の他の地域における革命的なプロレタリア運動の間のつな がりを壊し、ロシア国家の利益のためにその発展を形作った。第二に、世界をファシストと民主主義国に分割することによって、革命的な権力征服 のためではなく、民主主義政権の下で生きるプロレタリアンたちのために、全体主義体制の下で生きるプロレタリアン達に彼ら自身の政府と戦うよ う命令した彼ら自身の政府を守るように促され、必要ならば、国境の向こう側にいる彼らの兄弟たちと戦うことによってもそうする。その結果、労 働者階級の運命はそれぞれの「祖国」とブルジョアの制度に縛られていた。

第二次世界大戦中の共産主 義国際の崩壊は、教義、戦略および戦術のこの逆転の避けられない結果でした。最近の帝国主義的大虐殺から、彼ら自身を社会主義者と呼んでいる けれども彼らの国家の「主権」を宣言し、そして猛烈に守るであろう東ヨーロッパの諸国が出現するでしょう。彼らの「兄弟」と言われる国に対し てさえも、それに対しては国境地帯が嫉妬深いように守られているであろう。自分たちを「社会主義キャンプ」のメンバーとして定義しているにも かかわらず、それでも彼らを分裂させている経済的対立と緊張はそれにもかかわらず何も残っていないという重大なポイントに達するでしょう。一 方、軍事介入が不可能な場合は、ユーゴスラビアと中国と同様に根本的な分裂が起こるだろう。したがって、「権力を獲得」していない当事者たち は、自分たちの「社会主義への道」を要求することになるでしょう(それはみんなが革命と独裁政権の独裁を放棄し、完全に民主主義を固く守るた めのユニークな方法になりました) 、議会と改革派のイデオロギー)。やがて、私たちはこれらの「社会主義者」が他の「兄弟」政党からの自主性を誇りを持って守っていることを目 の当たりにし、自分たちがそれぞれのブルジョアの最も純粋な政治的・愛国的伝統の相続人であることを示しています。スターリンの表現 - これらが落とした旗。

このような状況では、国際 主義は「民族の国際的兄弟愛」よりもさらに修辞的で内容の欠如した言葉になります。ゴータ計画批判の中で、マルクスは「自由と平和のためのブ ルジョア連盟から借りた」とドイツの労働党に直面して激しく反撃した。非常に緊張した瞬間(ベルギーでの鉱山労働者のストライキ、イギリスで の港湾労働者のストライキ、1968年 のフランスのゼネラルストライキなど)では、本当の国際連帯は長い間行われていません。すべてのプロレタリアおよび「共産主義」党が独自の特 定の問題を独自に解決しなければならず、それらが「解決できる唯一のもの」であると宣言されている限り、国際連帯は不可能です。要するに、各 当事者がそれぞれの「私的な」コーナーに閉じ込められ、自国のチャンピオン、自国の制度や伝統、自国の経済、そして自国の擁護者である限り、 国際連帯は不可能です。神聖な国家の「境界」。いずれにせよ、世界への「新政党」のメッセージが平和的共存と資本主義と「社会主義」の間の競 争的競争であったならば、どんな用途が単なる言葉ではなく「事実上の」国際主義であった(レーニン)?

完全に復活したプロレタリ ア運動は、そのすべての独特の歴史的特徴をそのままにして、すべての国で解放の道はただ一つしかなく、その教義、原則、プログラムと実際の行 動規範は、同様に統合されたユニークなものでなければなりません。混乱し矛盾するアイデアのハイブリッドコレクションを具体化するのではな く、当事者は「プロのカテゴリーに分類され、異なる国に属する、特定のプロレタリア集団の利益から生じるすべての特定の衝動を合成物に明確か つ有機的に勝ち抜くことを表す」 「世界革命に向けて力を入れる」(党政治的プラットフォーム、1945)。

* * *

共産主義運動によるその国 際革命的任務の放棄は、まったく同じように、帝国主義的抑圧に対する植民地人民の反乱闘争に対する古典的マルクス主義の立場の完全かつ恥ずべ き放棄に反映されている。これらの闘争は第二次世界大戦後にますます激しくなる性格を帯びたが、帝国大都市のプロレタリア階級は真に臆病なや り方でブルジョア「再建」の戦車に利用されるでしょう。 1920年 には、戦後の帝国主義を揺るがしていた植民地人民の武装闘争に直面し、第一次世界共産主義会議と第一回東部人民会議は一つの世界戦略の大きな 展望を概説した。資本主義的大都市における社会的反乱の敗北と植民地および半植民地における国家の反乱とを組み合わせるであろう。若い植民地 時代のブルジョアジーによって政治的に指示された後者の反乱は、国家統一と独立というブルジョア的な目的を追求することになるが、それでもな お「世界中でプロレタリア階級の独裁権を議題にする」のである。一方では、政治的にも組織的にも独立した若い共産党の積極的な介入が、労働者 や農民の大衆の頭に、他方では、植民地主義の城塞に対する首都圏プロレタリア階級の攻撃によって、国家革命党を迂回し、元々のブルジョア革命 をプロレタリア革命に変えた。これのどれもマルクスによって概説され、1917年の半封建的なロシアのボルシェビキによって実施された永久革命の計画と矛盾しません。

この戦略の重要なポイント は、「より文明化された」国々の革命的なプロレタリア階級、つまり、より経済的に進歩した国々だけであり、それが唯一の理由で、より経済的な 国々を可能にしたからです。その背後にある歴史的な障害を克服するために背後にあります。権力を握った後に生産の手段をマスターすると、首都 圏のプロレタリア階級は元世界の経済を「世界経済計画」に組み入れることができます。抑圧したり征服したりすることを絶望したり、駆除したり 悪用したりすることを望みません。それゆえに、植民地時代の人々は、「世界の至る所で革命の一般的利益のために勝利した革命があった国の当面 の利益の従属」のおかげで、資本主義段階の恐怖を通過する必要なしに社会主義を達成するでしょう。; こ れは、最も発展した国に匹敵するレベルを達成するためにコーナーを切り取らなければならないことを通して、いっそうひどいことになるでしょ う。

中国革命の運命が1926 - 27年に演じられた時から、この強力な建物の石は日和見主 義によって立たされていませんでした。特に第二次世界大戦後の植民地では、いわゆる共産党は、「自力を搾取された大衆の先頭に立てる」ことか ら、国家の独立の旗の下にまとめられたいくつかの階級の形のないブロックからの分離を加速していない。その代わりに、先住民族のブルジョワ、 そして「反帝国主義」封建階級や権力者さえもが自らを処分するようにしている。それとも、権力を握った上で、彼らは憲法、議会、そして多党制 の民主主義の政治的プログラムを擁護し、「財産の問題を際立たせること」を「忘れて」いた。あるいは、少なくとも莫大な数の土地の補償を伴わ ない没収(産業的および商業的ブルジョア的財産に、そしてそれを通して帝国主義にリンクされる)に。若者にとっては、戦闘が厳しく集中した地 元のプロレタリア階級は、首都のヨークを振り払うために、何世紀にもわたって惨めな惨めな生活を送ってきた農民や準プロレタリア階級の大衆の 前衛として提示されたことは一度もなかった。その一方で、帝国主義の首都では、共産党は暴力的革命とプロレタリア階級の独裁の原則を棄却し た。フランスでは、アルジェリア戦争の後半の間に、そしてベトナム戦争の間にアメリカでは、彼らは "平 和と交渉"を 呼び出すことに限定し、正式で単に公務員を求めることによって第二国際の改革派よりもさらに沈んでしまうでしょう。新たに形成された国々の、 それぞれの政府からの平等と独立の認識」 「社会主義者として偽装された民主的ブルジョアジー」の偽善的なスローガンとして第三国際によって決め付けられていたアプローチ。

二重革命というマルクス主 義的な見方のこの完全な喪失の結果は、大きくて頻繁に血まみれの反乱に含まれる巨大な革命的な可能性(何百万ものプロレタリアンと貧しい農民 が常に負っていた)は、無駄になった国々では、今や正式に独立し、腐敗し、貪欲で寄生的なブルジョアが権力を握っており、都市と国の搾取され た大衆の脅威を認識して、彼らは昨日の「敵」との新たな同盟を築こうとする以上のことである。 。その間、帝国の中心地での資本は、無意識のうちに裏口に寄り添われた後、単に元の植民地へと後退し、「援助」、融資、そして原材料や製造品 の取引によって出現します。無傷です。同時に、帝国主義の本拠地におけるプロレタリア主義と共産主義の革命運動の麻痺の結果は、明らかに歴史 的な論理的根拠が縮退した毛沢東主義者、カストロ奏者およびゲバラン理論に与えられ、それは幻想農民の、人気の、そして無政府状態を示す。合 法主義と平和主義改革主義の世界的な嫌悪を避ける唯一の方法としての革命。これらすべては、先生のやり方を国際主義へと放棄することの避けら れない結果としてもたらされました。

しかし、国際主義(モスク ワや北京に関係した関係者によって嫌われている)が、ますます世界的な経済と交換システムの事実に根ざして生まれ、国の抵当権(植民地では統 一されすべての階級、そして強制的な工業化と政治的・社会的構造の急速な転換は期限切れになるので、階級戦争とプロレタリア階級の独裁政権は 必然的にそして至るところで議題に戻ってくる。これは、今日の国際共産党の今後の義務は、いわゆるサードワールドの新たな労働者階級を、彼ら から一度もすべての国々から離脱させることによって、権力の中で彼らの運命を社会的地層から切り離すことを支援することである。共産党革命の 世界軍で彼らの苦労した場所を取るために。

共産主義プロ グラムに戻る

プログラム的なレベルで は、社会主義の私達の概念は予備的な暴力的革命の必要性、ブルジョア国家の全ての制度の破壊、そして反対方向に向けられる新たな国家装置の創 設を主張することにおいて他のすべてから際立っている。 単一政党による:旧政権へのプロレタリア攻撃を準備し、統合し、そして導いたその政党は勝利の結論に至った。

しかし、政治革命なしに、 すなわち民主主義の破壊なしに、資本主義から社会主義への緩やかで平和な移行の概念を拒絶するように、我々はまた、革命の任務を既存国家の打 倒に制限するというアナキスト概念を拒絶する。 パワー。 正統派マルクス主義は、政治革命が新たな社会的時代の始まりを示すものであると主張しており、したがってその主要な段階を再定義することが重 要である。

1) 移行フェーズ

政治的には、この段階はプ ロレタリア階級の独裁によって特徴付けられます。大規模産業であっても、資本主義、すなわち商品の商業的流通に特に関連した形態の存続によっ て経済的に、そしてとりわけ農業では、いくつかの小さな生産。プロレタリア権力は独裁的な措置、すなわちすでに社会的および集団的な性質を持 つすべての部門(大規模産業、農業および貿易、運輸など)の支配下にあることによってのみ、そして民間の商取引からは独立した広大な流通ネッ トワークであるが、少なくともまず第一に、商業基準に従って機能している。しかしこの段階では、合理的な期待に反して、内部で倒され、外部か ら脅かされた階級が武装抵抗を放棄しない限り、軍事闘争の義務は社会的および経済的再編よりも優先される。

この段階の期間は、一方で は、資本主義者階級が革命的プロレタリア階級のために作り出すであろう困難の規模に、そして他方では、経済的価値に反比例するであろう再編の 仕事の量に左右される。社会レベルは各部門および各国で達成されているため、より先進的な国ではより容易になります。

2) 社会主義のより低い段階(または社会主義段階

この第2段階は、第1段 階からの弁証法的派生であり、次の特徴を示しています。プロレタリアの州は、今では総生産性の高い製品を支配していますが、まだ小規模生産部 門が存在します。生産者への製品の配分は彼らが行った仕事の量に依存するので、これらの条件はそれでもなお交換を通して仲介される非金銭的な 流通へ進むことを可能にします、そしてそれを証明する労働伝票を通してもたらされますそれ。このような制度は、個人の生活と社会の豊かさとの 間の深淵な掘り下げで、賃金労働者の収入が労働力に結びついている資本主義とは実質的に異なります。これは、社会主義の下では、すべての有能 な個人が働く義務を除いて、ニーズとその満足の間に障害は存在せず、資本主義社会においてプロレタリア階級に対する敵対的な力となるあらゆる 進歩が即座に解放の手段となるためです。種全体。それにもかかわらず、ブルジョア社会から直接受け継がれた形態は依然として対処されなければ ならない:「生産者がある形態で社会に与えたのと同じ量の労働が彼に別の形態でもどされる。商品、これは等しい価値の交換である限り(...)それ故、商品交換における等価物の交換はもはや唯一のものではありませんが、ここでの等 しい権利はまだ原則ブルジョア的権利です。この進歩にもかかわらず、この平等な権利は依然としてブルジョア的な制限によって非難されていま す。生産者の権利は、彼らが供給する労働力に比例しています。」 (マルクス、ゴータ計画に対する批判)。何よりも、労働は依然として社会的制約として見えますが、それでも労働条件が全般的に改善されるにつ れて、ますます抑圧的になります。

他方で、プロレタリアの州 が自由に生産手段を持つという事実は、(すべての無駄な、あるいは反社会的な経済部門の過激な抑圧の後、すでに一時的な段階で始まった)無視 された部門の加速的発展を可能にする資本主義の下で、とりわけ住宅と農業:さらに、それは生産の装置の地理的な再編成を可能にし、最終的に都 市と田舎の間の対立を抑制し、大陸規模で大規模な生産単位を形成する。プロレタリアの州が保有する工業生産の効果的な独占もまた、小規模生産 者の最大の利益のために、より進化し、集中した生産形態にこれまで以上に統合されるようにするでしょう。

最後に、これらのすべての 進歩は、一方では女性の性別を非生産的で面倒な家事に限定し、他方では多数の生産者を手作業のみに限定して知的作業を行うという一般的条件の 廃止を意味します。科学的知識、一クラスだけの社会的特権。したがって、生産手段に対するさまざまな階級関係の廃止とともに、特定の人間集団 に対する与えられた社会的義務の固定された帰属の消滅の見込みがあります。

3)高等社会主義のフェーズ(あるいは共産主義フェーズ)

国家がその存在を負うこれ らの任務を遂行する限りにおいて、それは資本主義的回復における試みを防止し抑圧するという歴史的な機能を超越し、国家として、すなわち人間 に対する原則として存在しなくなり始め、そして開始する。物事を管理するための簡単な装置になるため。この枯れは、独特の社会階級の消滅と結 びついており、したがって、小規模生産者、農民、職人がようやく産業生産者の内外に変化したときに達成されます。そして、マルクスが次のよう に特徴付けた、より高い共産主義のレベルに到達する。「共産主義社会のより高い段階では、個人の分業への従属的従属の後、そして精神的および 肉体的労働の対立もまた労働が生活の手段になっただけでなく、人生の最重要課題になった後、個人の総合的な発展に伴って生産力も増大し、協同 組合の富の源泉がいっそう豊富に流れた後狭い範囲のブルジョアは完全に交差し、社会はそのバナーに刻み込む:それぞれの能力に応じたものから それぞれのニーズに応じたものへ! "

この素晴らしい歴史的な結 果は、単に男性間の拮抗作用の破壊、彼らの落ち着きのなさの原因、そして資本主義社会の下での多くの人類である「一般的、特に、そして永続的 な」不安(Babeuf) を含む。エンゲルスが「必要性の治世から自由の治世への移行」と述べた、自然をめぐる社会の真の支配、人間活動としての人間の力の発達は、そ れ自体が初めての終わりとなる。それゆえ、社会的実践自体が、「存在と本質、客観化と自己肯定、自由と必要性、個人と種の間」(マルクス)の 伝統的な理論的思考のすべての反論に対する解決策を提供するのです。そして最後に、科学社会主義の創始者によってそれに適用された記述に「歴 史によって最終的に解決された謎」として値する。

 

 

 

 

 


世界規模での 共産党の再建

 

政治革命の継 続性を確実に保証することができるプロレタリア政党の国内および国際規模での再建は、先進国および発展途上国におけるプロレタリア階級の先導的な 力がある場合にのみ確立された歴史的事実となるでしょう。上記の基本的な位置に並んでいます。正統派共産主義は、現代社会の進化がプロレタリア階 級が革命​​的党への形成を妨げることを否定しているという点で、多かれ少なかれ左翼過激主義のさまざまな色合いすべてから際立っている。資本主 義的支配の現在の実質的にファシストな段階では、ブルジョア党の間の政治的闘争を使い尽くした法律はプロレタリア階級には適用できないと主張して いる。それどころか、それは、古い古典的な左翼と右翼、自由主義と権威主義、そしてファシズムと民主主義の間の本当の反対の消滅が、断固として共 産主義と革命党の発展のための最も歴史的な根拠を提供すると主張。この可能性の実現は、多かれ少なかれ、そしてどんな形の、開かれた危機の必然的 な発生だけでなく、拡大と繁栄の段階の間でさえも社会的対立の客観的な激化にも依存する。これについてわずかな疑いを表明する人は誰でも、実際に は共産主義革命の歴史的見通しにも疑いを抱いています。このような態度は、第3回国際、第2回帝国主義戦争、そして世界規模の拡大とそれに伴う資本主義の強化の衰退によって引き起こされ た反動の深さによって説明することができます。それは単にその「墓参者」の心の中の資本の一時的な勝利の反映です。しかし、この体制に永遠の命を 与えることからかけ離れて、その勝利は実際にそれをせき止めたことによって歴史の最も激しい革命的爆発を準備します。

* * *

党 が発展するためには、多くの反スター派反対派勢力が「民主的中央集権主義」の名において擁護してきた形式的な規則の種類を遵守することはできな い。これは、そのような規則は、党の正しい方向づけが思想の自由な表現とプロレタリア階級の 「基本」の意志、そして誰が誰とするかを決める方法としての民主的規則と選挙基準の尊重に依存するという信念に依存しているからです。どの責任と どのレベルで。私たちは野党運動や手続き上の不規則性の厳しさが革命的な共産主義の伝統(ロシアなど)を清算するのに役立ったことを否定しません が、我々の党は常にこの清算を本質的にプログラムの清算と戦術として定義しました。 Trotskyistsが望んでいたように、 健全な組織規範への最終的な復帰は、これを防ぐためにほとんどしなかったでしょう。同様に、民主的メカニズムの広範で定期的な使用を含む法令に頼 るのではなく、革命闘争の手段と目的の明確で妥協のない定義に信仰を置いています。

党 ではないのであれば、党は躊躇せずにその「カテキズム」を成立させるという明確な証拠を与えたものを選択することによってその内臓を作成しなけれ ばならない。いずれにせよ、それは選択の過程であり、内部機能のある種のモデル表現よりも重要なことです。このように、それは、私たちの党が常に 民主的な中心主義の反対の公式に対して設定した式「有機的中心主義」の内容です。有機的中心主義は、本質的な要素の1つにアクセントを置いています。大多数ではなくプログラムを尊重します。個々の意見を尊重する のではなく、運動の歴史的およびイデオロギー的伝統を尊重する。この概念に対応して、個人的自由と集団的自由の支持者を委員会の独裁者として、あ るいは個人としてさえもブランド化するが、革命的組織としての党の存在の本質的条件を実質的に実現する内部構造がある。それが原則の独裁です。そ のような条件が有効であれば、センターの決定に対する基地の規律は最小限の摩擦で得られる一方で、党の戦術がプログラムから離脱した場合にのみ個 人の内外の独裁が必要となる。懲戒処分によってのみ解決できる緊張と衝突。スターリンが勝利する前であっても、インターナショナルで正確に起こっ たように。

階 級党の歴史的発展は、「部分的利益と集団的利益から生じる自発的運動の地形から一般化されたプロレタリア行動の地形へのプロレタリアンの先駆者の 移転」によって常に特徴付けられてきた。この結果は、これらの基本的な動きを否定することによってではなく、反対に、たとえそれが小さくても党の 有機体がプ ロレタリア階級の身体的闘争に積極的に参加する ことを保証することによって支持されます。したがって、イデオロギーの解明の子宮内の段階から自然に続くイデオロギーの宣伝と予言の仕事は、した がって、経済運動への参加から切り離すことはできません。労働組合の「征服」は究極の目的と見​​なすことはできませんが、それに参加することが2つの理由で重要です。1)これらの動きを、真 に革命的な準備に必要な経験と訓練を得るための手段にすること。 2)より高度な段階で は、彼らを彼らに向かって推し進めることによって、彼らの統一と革命的な超越をもたらすために。完全かつ完全な実現。

過 去数十年にわたって、公式の労働組合は闘争を統一し一般化しようとするあらゆる試みに対してますます不透明になり、そして要求や要求をランク付け したりファイルに抵抗したりしてきた。 結果として、最善かつ最も効果的な闘争は、大きな労働組合連合の統制の下に開始され、遂行された闘争でした。 このような闘争から生まれた組織は、党が支持してきた豊富な経験であり、それでもなお支持しているプロレタリアンにとって貴重な経験です。 (例えば、広範な労働者の不安と大きな経済運動の瞬間に)クラスが公式の組合政策をクラスの根拠に変える可能性は排除できないが、現時点ではそれ らの組織は労働階級の中でブルジョア国家の機関としてもっと現れるプロレタリア階級の 経済闘争組織としてよりも。

* * *

現 在のところ、党の発展に関連するあらゆる問題は、国際社会主義運動における前例のないイデオロギー的および実際的な危機という歴史的背景の中に存 在しています。これは確かに事実であるが、それでも過去の経験は法律を制定するのに十分である。労働者階級の攻撃力の再構成は、マルクス主義の改 訂、更新によるものではなく、そして伝えられるところでは新しい教義の創造」。それは元のプログラムの復元の成果にしかなり得ません。ボルシェビ キ人が第二国際の逸脱に直面したとき、そしてその継続性が第3の逸脱に直面したとき に確実に維持されたプログラム。いつでもどこでも共産主義が再び起こり、いつでも、遅かれ早かれ、未来の国際的な動きは必然的にこの流れによって 戦われた戦いの歴史的到達点となるでしょう。重要な役割を果たします。だからこそ、現段階で初期の国際社会の再構成は一つの形をとることができる だけです。あらゆる形態の民主主義。

* * *

今 日の社会にとって、共産主義は絶対的かつ世界的な必要条件です。 遅かれ早かれ、プロレタリア大衆は再び巨大な革命的波の中で資本主義の要塞を攻撃するでしょう。 これらの要塞の破壊とプロレタリア階級の勝利は、 集団党の再構成への傾向が全世界に深まりそして広がる場合にのみ起こり得る。 プ ロレタリア階級の世界党の結成。 これは共産主義革命の勝利を望んでいるすべての人々の目的であり、そしてすでにブルジョア国際の団結した力はそれと戦っています。